読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

48枠って

前節のプレミア。

ユナテッドがリバプールに追いついてドロー。ズラタンの同点弾後のアクションが凄かった前節だけど、それとともに衝撃はエバートンでした。

シティに4対0で勝利。

エバートン素晴らしかった。ちょっと見ない間にこんなチームにしたなんてクーマンって結構良い監督なんだなと認識させられました。

 

リーガではセビージャに心奪われています。

Rマドリーの無敗記録をストップ。

今週、この試合をようやく見たけど、レベルも高くおもろかったですね。

誰かがセビージャの戦術は複雑だと言ってけど、たしかにそうかもしれないと納得。ビエルサマニアのサンパオリ監督、さすがです。

 

ところで、2026年のW杯から出場枠が48になるらしい。

しかし48カ国って完全に多すぎるでしょ。

東京五輪前のごたごたを見ていると五輪も終わった感が強いけど、W杯もあのワクワクする様な大会という意味では終っちゃうのかも。

「愕然としている。W杯を滅ぼすには、こうするしかないのだろう」とベルティ・フォクツも言っていたらしい。

考えてみれば、すでに2022年のW杯がカタールに決まった時点で終わってるのかな。