読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

ヴェラッティ

アーセナルが乾に興味!という報道がありました。どの程度の興味なのかはわからないけど、アーセナルに入ったら面白ろそう。アーセナルにとっても乾にとってもお互い良い選択になるんじゃないかと思います。ぜひ、実現してほしいものです。

 

さて、今期はPSGの試合を見る機会が多くなりましたが、最近は中盤のマテュイディの評価がうなぎ上り。注目度もアップして、CLのバルサ戦をはじめ経験を積んで更に貴重な選手になりそう。どこのチームもこういう選手って欲しいでしょうね。実際勝負の分かれ目ってここに誰がいるかで決まることが多い気もするので。マチテュイディは任せて安心という守備的な選手かと思いきや、頻繁にゴール前に飛び出したりもするので、思ったより攻撃的なところもあるんだなというのが最近の印象。いづれにしてもすでに外せない選手になってるみたいですね。

 

ただ、ぼくが最近気になっているのは同じPSGの中盤でも、マチュイディでなくヴェッラティの方。現在20歳のイタリア人。しかも、165㎝と小柄(もっと小さいと解説者は言っていましたが)。逸材らしく、最近もユベントスが興味を示しているという報道がありました。

 

確かに、うまいし。地味なポジションを精力的にこなしているという印象。ただ、血の気が多いのが長所でもあり欠点。カードをもらうことも多いし、実際審判に噛み付いている姿もしばしば見ます。

若いからしょうがないんだろうけど、アンチェロッティも気を使って起用しているみたい。ベッカムを取ったのもそのへんのバランスを考えてのことかもなのかもね。ただ、こういう選手わりと嫌いじゃない。このまま成長すれば、さらに魅力的になりそう。もしかしたら、単なる「気が荒い良い選手」くらいで終わってしまうこともあるかもしれないけど、鼻っぱしらが強い方が頼もしい選手になることって多いような気もするし、これからどっちの方向に進むのか楽しみ。まあ、こういうのって周りでいくら言ってもダメなもんはダメなんだろうし、相当な移籍金でPSGに行ってるわけだから、すでに天狗になってる可能性もあるちゃあるから、後は本人のメンタリティ次第なのかな、わかんないけど。さあ、どっちにころぶんでしょうか?!