読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

コンフェデレーションズカップ

コンフェデの日本対イタリア戦残念でした。完全に勝てた試合だったと思うんだけど。

 なので選手も悔しそうで言葉もでない感じでしたね。

 

でも、振り返るとやっぱりサッカーって、危険やチャンスの瞬間をどうするかで勝敗が分かれるんですね。それに日本もあんなところやそんなところでミスをしてたんじゃね。まだまだ世界との差は大きいかもな。

 

なんて偉そうなことを書こうと思っていたんだけど気が変わりました。

というのは、けっこうイタリアの選手が素直に日本を認めたコメントをしているからです。例えばあのバロテッリが「日本、おめでとう、素晴らしい試合、驚くべきチームだ!」なんてコメントを残しているし、長友はイタリアのみんなに「良いチームだ」とか「本当に強いチームだ」と言われてうれしかったって言ってました。言葉の力は思った以上に大きいから、そういう言葉は単純に自信になるんじゃないかな。

 

「良い試合をしても勝たなきゃ意味ない」と言うけど、勝たなくても認められることもある。だとすると、この試合で日本のステージがひとつ上ったという可能性もあるかもしれない。

長谷部も「今日の試合は間違いなく日本代表のターニングポイントになると思う」と力強く言ってるし。 ただ本当にターニングポイントだと確定するためには、メキシコにも同じような言葉を吐かせること。それしかない。メキシコ戦で酷い試合をしたら、「あの言葉はなかったことに」って言われかねないので。

 

 コンフェデレーションズカップ

日本 3×4 イタリア
ブラジル