読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

コンフェデ決勝とナビスコ杯準々決勝

コンフェデ決勝はブラジルのハイプレスがみごとハマった感じでスペインを撃破しましたね。

実は密かに3-0くらいでブラジルが勝つんじゃないかなと思っていたんです。まさか、その通りになるとは。とは言っても根拠がある訳じゃなく、なんとなくスペインは体力的にキツそうだなと思っただけで、スペインが勝っても不思議には思わなかったはずだけど。

 

それにしても、スペインの選手にとってはあまりいい気持ちのする負け方じゃないだろうな。まあ、各国リーグの疲れがもあるし、完全に準備はできなかっただろうし、クラブとの兼ね合いで使いづらい選手もいたんだろうから(特にプレミアのチーム)仕方ないと思っているかもしれないけど、やっぱりコテンパんじゃ悔しいよな。ただ、コメントを聞いてると、デル・ボスケはそのへんのバランス感覚がよさそうなので、デル・ボスケに限っては負けたことにそれほどショックはないだろうと予想するんだけど、どうなんでしょうね。

 

ブラジルのハイプレスもよかったけど、昨日の埼スタ(スタジアム観戦しました)のセレッソ大阪もなかなかでした。ヤマザキナビスコカップ準々決勝2ndleg。Jリーグがないのでじっくりコンデション調整をしてきた感じで、両チーム期待以上の好試合を見せてくれました。特にセレッソはコンフェデのウルグアイにインスパイアされた訳じゃないだろうけど、しっかり一人一人を捕まえるディフェンスを心がけているようでした。こりゃけっこう強くなったな思いまいた。ただ、対する浦和も体が切れてる選手が多かった印象。特に得点を決めた梅崎はキレキレの感じで丁度得点は目の前だったので、初めて見るくらいのキレでしたね。こういうコンデションだと一対一の争いが迫力が出て面白い。夏場になってもこんな感じで戦えたら最高だと思うけど、それは難しいか?でも、この調子でいって欲しいものです。

 

コンフェデに戻ると、ブラジルはこれ以上ない気持ちよさで優勝したけど、凄く強いという印象はなかったですね。というか、なにか物足りない感じ。何が足りないかははっきりわかないけど、あとひと味欲しい感じ。本番ではオスカールの切れは戻るかもしれないので、そうなるとそのひと味が加わって完成するかもしれないので、それを期待かな。(今期試合数が多過ぎたチェルシーの選手にはかわいそう。キレがないのも納得。もちろん、マタも同様。でもオスカールはマタほど出場試合数多くなかったような!?)

それから気になったのはブラジルベンチが映されたときの地味さ。もちろん、監督としては偉大なんだけど色彩がね。フェリポンはスーツを着るという気持ちはなんでしょうかね。もちろん本番までに魅せてくれるチームを作ってくれれば文句ないけど。あの色のポロシャツをおじさんが着ると華やかさがね。

 

コンフェデレーションズカップ2013
ブラジル 3-0 スペイン
マラカナン
 
2013 ヤマザキナビスコカップ準々決勝 2nd leg
浦和 1-1 セレッソ大阪
埼玉スタジアム