読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

ドリームチーム

Jリーグもオフシーズンは移籍の話題がいろいろでているようです。浦和レッズも出て行く選手、来る選手が何人か決定しています。ファンとしてはこの選手に来て欲しいとか、このポジションを強化してよなんて事を思ってしまうところです。

 

じゃあということで、仮に浦和が湯水のようにお金を使えるオーナーがいて世界中から選手を集める事ができたらどうだろうと考えてみました。一応、現浦和レッズミシャ監督のシステムに当てはめて選出してみることにしました(ミシャ監督は続投)。ということで、昨シーズンTV観戦した中で、お気に入りの選手で選んでみたら以下のようになりました。

 

まず、ゴールキーパーはチェルシーのチェフを選びたいと思います。他にノイヤー、デ・ヘアブッフォンジュリオ・セザールとお気に入りはいるのですが、浦和の場合、やはり攻撃に繋げるフィードの能力とDFの裏をカバーする守備範囲を求めたいのと、DFが少し攻撃的な選手を選ぶ事になりそうなので、ちょっとベテランで落ち着いた雰囲気の選手がいいんじゃないかと。そいうことでキーパーはチェフに。

 

次にDF 、デフィンスのセンター那須選手のポジションは、強さとリーダーシップを求めたい。ということで、ここはチアゴ・シウバ(PSG)かコンパニ(マンC)を考えましたが、チアゴ・シウバにします。どちらも存在感のある選手なので、どちらかを選ぶというのは難しいのですが、抜群の安定感を買って。

 森脇選手のところは、攻撃力というか前へ行きたい選手で守備力もあり、高さもあるセルヒオ・ラモス(Rマドリー)を選出したいところだけど、残念ながら13/14シーズンのリーガエスパニョールの試合をみていないので、サイドバックの選手であるサバレタ(マンC)にしましょう。槙野選手のポジションは攻撃大好きといことで、ダビド・ルイス(チェルシー)でいいでしょう。右をセルヒオ・ラモスにすると両脇の二人が血の気の多い選手になってしまうので、かえってサバレタを入れたことでバランスが良くなったかもしれないですね。

 

MFですが、まず、阿部選手のポジション。ここはディフェンスの能力とフェードの能力が問われます。ということで、シャビ・アロンソ(Rマドリー)が適任だと思いますが、これも残念ながら試合を見ていないので外して。他の選手ということになるとピルロなら最高だけど。ちょっと、ピルロがレッズにどうしてもイメージが合わない。ヤヤ・トゥレ(マンC)だったら強力だけど、レッズのこの位置に納まる選手じゃないし。となると、ここはやっぱりシャビ・アロンソしかいないかな。

 鈴木啓太選手のところは、よく動けて、気が利いているプレーヤーがいいですね。ラミネス(チェルシー)やフェルナンジーニョ(マンC)もお気に入りなんだけど、ここでは勢力的といえばこの選手というPSGのマチュイディーにしたいと思います。

 

 両翼のMFは上下動できるスタミナと守備能力にクロスの制度、また、FWとの絡み、さらに後ろの選手の上がりをサポートとけっこう大変なポジションですが、平川選手のところにはヘスス・ナバス(マンC)かラーム(バイエルン)のどちらか迷います。本来、ラームの方が安定感を考えると適任でしょう。カバーリングも確実にやってくれそうな完璧な選手。ただ、後ろに強力なDFがいるし浦和レッズにしては完璧すぎる?ので、縦へのスピードが魅力的なヘスス・ナバスで攻撃力をアップしておきましょう。宇賀神選手のところはバイエルンのアラバに。若さがあるし、このポジションに才能豊かな選手がいるとチームのレベルがグッと上がる感じがしますので。

 

センターフォワードとシャドーの位置は、CFにアグエロもいいのですが、スアレスに。こういう選手がひとりいるといろんな意味で楽しいので。原口選手のポジションにはカバーニ、柏木選手のポジションにダビド・シルバということでどうでしょう。原口選手のところはネイマールにしたい気持ちもあるのですが、リーガを見ていないし、カバーニは絶対に入れたい選手ということでこうします。カバーニはディフェンスもしっかりしてくれますしね。前の方のポジションにはアザール、オスカルも入れたかったのですが泣く泣くこう決めました。ということで、どうでしょうか。これでJリーグ優勝できるかな?