読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

リバプールと浦和レッズ

浦和レッズはトレーニングマッチを何試合かこなしているみたいだけど、調子はどうなんでしょうか?レギュラーメンバーは昨シーズンと変えようとしてるのかな?気になるところです。

 

今節はリバプールのサッカーをじっくりみてました。紙にメモしながら、誰がどんな動きをしているのかを検証してみました。

 

この日のフルアム戦は、GKミニョレ、CBがコロ・トゥレシュクルテルサイドバックが右フラナガンと左シソコ、アンカーにジェラード、MFにコウチーニョとヘンダーソン、FWがスターリング、スアレススタリッジという布陣。だいたいいつものファーメーションですね。

 

今期のリバプールの肝はジェレード。昨季のジェラードを見てたら、だいぶ衰えた印象を持っていたんだけど、ここにきて完全に復活ですね。新境地という感じ。ジェラードがセンターバックの間に入ってそこから攻撃がはじまるという今期のリバプールのスタイルを自分のものにした感じがします。

ジェラードが下ってCBの間に入るととコウチーニョも下りてくる。そうすると、ヘンダーソンが離れて攻撃にも守備にも目が利く絶妙ないい感じのスペースを見つけてポジションをとる。この日のリバプールを見る限り、これがいいバランスを生んでいるように思いました。

コウチーニョは下がってボールをもらうとパスを繋いだりドリブルしながら、前線のスタリッジスターリングにボールを供給。そのときスアレスは微妙に下がって人の密集しないスペースを見つけていることが多かった。ゴール前に供給するのが難しい場合は、スアレスがボールを受けて、スアレスがラストパスを出したり自ら狙ったりしてました。よく出来てます。

ジェラードは前線に直接ロングレンジのラストパスを送る事もできるし、コウチーニョがドリブルから自分でフィニッシュすることも可能。この試合も後方のジェラードからの一本で得点を決めてたし、前節はコウチーニョはドリブルからミドルを決めてました。

 

スタリッジスターリングはスアレスのようにいろんな事はできないけど、スピートとテクニックがあるので、お膳立てすればいい仕事をする。

そこにスアレスが攻撃面のあらゆるところに目を光らせてフォローしている感じなので、前の二人も気持ちよくプレーしている感じでした。(たまにスアレスに厳しい目で睨まれていることもありますが)

 

スアレスに関して言えば、いつも思うのは、アイデアの豊富さなんだけど、この日改めて思ったのは、予測する能力も並じゃないということです。もしかしたら、見方がシュートしたボールが、相手ディフェンスに当たって転がってくるコースさえも読み切ってるんじゃないかって思う。それくらい勘が鋭い。実際はリフレクトしたボールが何処に来るのか読んでいるということだろうけど、こうなると感覚的な予測というより計算尽くされた推理力と言ってもいい気がします。

このところ点を取れてないスアレスへの批判にロジャース監督は、スアレスの働きを評価する様なコメントを出してたけど、試合を見ればスアレスがいるからこそFWが生きているのがわかるはず、そこを点を取れてないって批判するってどういう神経なんだろうと思うちゃいますね。

 

そんな感じで見事に機能しているロジャース監督のリバプールだけど、ジェラードのボジション取りって、浦和の阿部選手のポジションと同じ。、3バックと4バックの違いがあるし戦術はまったく違うけど、ジェラードに求めているところは阿部選手と似ている。ジェラードからコウチーニョへの攻撃の流れは、浦和で言えば、柏木選手が下がってきて攻撃のスイッチを入れるのとも似ている。昨シーズンの浦和は柏木選手が前に残っているときや、動きに精彩を欠いているときは、浦和全体の調子がよくなかった印象なので、ここの繋ぎは結構大事なのでしょう。

そういえば、最近のチェルシーもオスカルがコウチーニョのように下がってくることをよく見かける。モウリーニョ監督の場合はオスカルに、もう少し守備的な仕事も要求してしてのことかもしれないけど、低い位置から繋ぐ意識は近いものがあるのかもしれない。

 

浦和の場合、リバプールとはやり方が違うけど、ジェラード、コウチーニョの位置関係や動き方は参考になりそう。ただ、勝つためにはスアレスが必要ということになるよな。こうろき選手と原口選手がリバプールで言えばスタリッジスターリング。だとすると、スアレスは別の選手になるわけだ。柏木選手はコウチーニョの役割で無理なので後一人不足だな。だとすると、もう一人攻撃的選手を入れるしかないでしょ。この日のスアレスのボジションを見るとボールサイドと逆の空いたスペースにいることが案外多かった。つまり宇賀神選手くらいのポジション。となると山田直選手を宇賀神選手のポジションで起用するというのもありかもしれない。山田直選手には自由を与えて上げればスアレスのような役割をやってくれそう。どの程度出来るかは未知数だけど。でも、うまく嵌まれば攻撃に厚みがでるのは間違いない。守備の課題はまったく解決しないけど、少なくとも攻撃は面白くなる。かなり良いアイデアだと思うけど。

 

13/14 プレミアリーグ第26節

フルハム 2-3 リバプール

クレイブンコテージ