読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

シメオネのコメント

土曜日は埼スタセレッソ戦に行ってきました。天気も良くて、久々の5万人越え。フォルランは不発で、セレッソの戦い方も?で物足りなさはあったけど、そのおかげで浦和は勝利。晴天の下のビールもうまかったです。

f:id:case47:20140517132201j:plain

 

フォルランといえば、アトレティコ優勝しちゃいましたね(フォルランってアトレティコにいたよね、たしか)。しちゃったというのは失礼か。結果がわかったうえでもいいから、ぜひ試合を見たいな。どうにかなんないですかね、WOWOW。無理だろうけど。

 

それにしても、すごいな、アトレティコカンプノウバルサファンも拍手を贈ったということだけど、ほんと賞賛したくなるね。マンC、PSG、バイエルンとたいがい、どこのリーグもお金のあるところが結局勝ってるもんな。しかも、強力なの2つもやっつけちゃったのが痛快じゃないですか。

 

シメオネは以前「私はサッカー全般をリスペクトしている。試合に勝つ方法はたくさんあり、それぞれがベストと考える方法を選ぶものだ。守るのは簡単なことじゃない。あるチームが良い守備をしたのなら、それはたたえるべきだ。サッカーについて、誰にも『真実』を与えることなどできない」ってかなりかっこい事言ってたけど、その通りだと思うし、結果を出すとコメントに重みが加わって聞こえるから不思議だね。

 

またさらに、「監督次第でもあるんだ。監督は選手たちと多くの時間をともに過ごしており、戦い方を選ぶ。私は、相手のやり方をリスペクトするよ。さまざまな戦い方があるのは良いことだと思う。10人で守ったり、10人で攻めたり、中盤に10人を置いたりね。そうじゃなければ、サッカーは退屈になってしまう」これはCLのチェルシーの戦い方についてのシメオネのコメントだけど、大いに同意するね。

 

対してミシャ監督は「責めてこそ」という考え方。シメオネと比べて共感しづらいことが多い。それぞれの考え方だし、なんだかんだ言って、勝てっているというのは凄い事だと思うけど。守備をかなり軽く見ている発言は、ちょっと物足りなさを感じるんだよな。

 

2014 Jリーグ

浦和 1-0 セレッソ大阪

埼玉スタジアム