読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

ブラジル

ブラジルが日本に大勝。ネイマールもよく点をとりました。ドゥンガ監督も満足だったんじゃないでしょうか。

それにしても、ドゥンガ監督に変わって、ガラッと変わりましたねブラジル。3~4日前に行われたアルゼンチン戦も見たんだけど、基本的に4バック+2ボランチが守って、前の4人で責めるというやり方をしているようでした。決して、サイドバックボランチも好き勝手に上がって行く事を許されたてないという感じ。それに前線のウイリアンとオスカールがけっこう下がってきて守備のサポートもしてくれるから、W杯のブラジルの緩さは感じられませんでした。ブラジル国民がどう思うかが心配だけど、まあ、負けた後だから案外歓迎されるかもしれないですね。

 

それに、岡崎が言ってるように、逆に4人で責めている分、スペースがあって攻撃の選手はやりやすいんじゃないかと思いました。特にネイマールは気持ち良さそうでした。

ただ、もっと厳しい試合になったらどうなんだろうとも思っちゃう。きっとつまらない試合になるのは必至だろうな。二列目三列目が追い越すなんてのも期待できないし。

しかし、悪夢のドイツ戦を思えば、なりより勝つ事が大事。ブラジルは強くいて欲しいと思っている人も多くいると思うし、今回のブラジルを見て、ホッしたことは確かでした。

 

そうれはそうと、実は個人的に一番注目してたのは左サイドバックダニーロでした。ダニーロは2011年のクラブワールドカップ(サントスにいました)で見て、気に入った選手。これは良い選手が出てきたと思い、将来はセレソンサイドバックは決まりだなと勝手に思ってたんだけど、それからまったく音沙汰なし。前回のワールドカップでも選ばれなかったし。調べてみたら、ポルトにいるとわかったんだけど、移籍市場にも名前が挙がってこない。こりゃ、伸びてないのかと思ってました。

 

ところが、アルゼンチン戦の先発にダニーロの名前が。しかも、サイドバックで。これはと思ったらやっぱりあのダニーろでした。ただ、ドゥンガのサッカーでは上がる事もなく、地味なプレーに終止。あまりダイナミックなプレーは見られず。結局、日本戦も前半で交代。目立った上がりは一回だけ。寂しい結果でした。玄人目から見れば良い仕事をしてたのかもしれないけど、素人目には良かったのか悪かったのかもわかりませんでした。今後、セレソンに残れるのかどうのか?少し心配になった試合でもありました。

 

2014国際親善試合

ブラジル 2ー0 アルゼンチン

北京

 

 

2014国際親善試合

ブラジル 4-0 日本

シンガポール