読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

正月にやっとJリーグタイムを見ました

2014Jリーグ最終節、ガンバが優勝を決めたの日のJリーグタイムをやっとみました。予想していた通り、スタジオに優勝したガンバの選手と監督を迎えての喜びのインタビュー企画でしたが、それを見てやっぱりっと思ったのは長谷川監督の守備意識について。長谷川監督は「ポジショニングに厳しい」らしく(今野、宇佐見が証言)、大勝した後もポジショニングについて指摘される事があるとのことでした。なるほどやっぱり、かなり繊細にポジションに気を配っていたということなんでしょう。

 

ネットの記事などで見てみると、長谷川監督は、ガンバで最初に取り組んだのは守備で、守備ブロックを敷く事を徹底したと書いてありました。前線からパスコースを限定するとか、連動して動く事で全体の守備意識を高めたとか。細かい点まで繰り返し注意したらしい。

 

Jリーグタイムで長谷川監督は「別に変わった事はしていません」と言っていたけど、確かに、これって変わった事では全然ない。でも、それを植え付けたんだから大したもの。ほころびを見つける目ももってるんでしょうね。

 

あらためて、こういう意識のチームが優勝するんだろうなと軽く思った正月でした。