読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

球際の技術

ACL2戦目、浦和は敵地で韓国の浦項戦。敗れはしたがわりと面白かった。石原が思った通りのタイプの選手だったし、新加入の選手も見所ありそう。那須も青木もいろいろできるんだなと思わせてくれた。

ただ、やっぱり韓国チームの球際の激しさに比べて日本はどうも。浦和は昨年の経験から心構えが出来てはいたみたいだけどやっぱり差はあったみたい。一般的には球際は気持ちだとか(球際を激しくとかよく聞くし)、体の強さだと言われる。でも海外を含めていろいろ見てると、球際の勝負にならないようにするための判断スピードも含めて、結局は技術力という気がしてくる。そう考えると、アジアで勝つための技術がない選手がまだ何人かいるということかも。