読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

サッカー本を読む

風間八宏の「日本サッカーを救う超戦術」という本を読みました。

「超戦術」というくらいだから、独自の戦術理論を詳しく書いている本かと思ったら、戦術ではなく「勝つ為に闘う」事について熱く語っている本だったので意外でした。しかし、いい意味での裏切り。戦術を超えたメンタルと考え方について言いたい事を書いたって感じで、いろいろ共感を覚えました。

 

とにかく、自分で考えろ、

監督が言ったことに縛られるな。

判断力を生み出す技術や考えるスピードの違いが一流とそうでない選手の分かれ目。なんてことが分かりやすく書かれていて、見る側にとっても参考になりました。

 

常々違和感を持っていたNHKで解説をする人が好んで使う「世界基準」という言葉についても、「世界基準と言った時点で負けている」とバッサリと切っていて、けっこう気持ちよかったですね。