読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日記ブログ版

TVたまにスタジアムでのサッカー観戦記

プレミアも残りわずか

90分間押しっぱなしのチームが負けてしまうことってサッカーでは案外少ないような気がするけど(最終的には強いチームが押し切ったり、追いついたりすることが多いと思う)、今節のマンU対ウエストブロムと川崎対広島は、両試合ともに押しっぱなしの方が負けてまうという瓜二つの試合でした。(負けたのはマンUと川崎)。

まあ、そういう試合があったというだけなら、どうということはないんだけど、個人的には偶然2つの試合を同時に観ていたというのが、なんだか面白い体験だったなと。同時と言っても、はじめ録画していたマンU戦を観ていて、途中、「そういえばJリーグやってたな」と思い出しマンU戦を中断して、とりあえずチャンネルを合わせてみたら川崎対広島がやっていたので、そのまま1試合観終え、また、録画していたマンU戦を観たという見方。それが、なんとも酷似した試合だったとうことです。別に大した事ではないけど、滅多にあることでもないなと、それだけの話なんだけど。

 

プレミアはチェルシーが優勝を決めて、残りの興味はアーセナルが2位になれるかどうか。残り1試合多いアーセナルが有利にも思えるけど、残りの相手を考えるとどうなのか?フラフラしている印象のマンCも一時よりは良くなっている印象なので、なんとも言えないところ。注目はやっぱり37節マンU戦。アーセナルチェルシーのように戦術的にくるのかどうか?モウリーニョは徹底的に相手キーマンを潰して勝利したけど、果たしてベンゲルは?